こころから
台湾旅行

台湾旅行
最新情報

NEW

2022年12月1日 更新

現在の台湾の状況

台湾旅行のしやすさ

3

/5

情報収集をしっかりと

担当スタッフ
担当スタッフ
9月29日よりビザ免除で台湾渡航が可能となります。旅行を検討するのにおすすめのタイミングです!
担当スタッフ
担当スタッフ
10月13日以降は在宅検疫が廃止され、7日間の自主防疫のみとなります。入国検疫システム「Quarantine System for Entry」の申請も廃止されるため、スムーズに渡航準備を進めることができます。

入国・滞在・出国に関する制限

台湾に入国するには、以下の書類と手続きが必要です。
・台湾入国カードのオンライン提出
入国時に配布される抗原検査キットにて、入国当日または自主防疫1日目に検査をする必要があります。7日間の自主防疫(1名/1室)期間中に外出する際は、2日以内の陰性結果を所持することが必須となっています。
日本帰国時には以下の書類と手続きが必要です。
・出国72時間以内に発行された陰性証明書もしくは3回接種済みのワクチン接種証明書
・Visit Japan Webの登録
ワクチン接種の有無によらず、帰国時の検査や自宅等待機は不要です。書類の具体的な取得方法や隔離の条件についてはページ下部をご覧ください。

台湾旅行はいつからがおすすめ?

おすすめの時期

秋ごろから
担当スタッフ
担当スタッフ
制限が徐々に緩和され、スムーズに海外旅行が楽しめるようになりました。今後は隔離等の制限も軽減されていくことが予想されます。
担当スタッフ
担当スタッフ
2022年冬休みや年末年始の台湾旅行を計画する人が増えてきました!最新情報を確認しつつ、海外旅行の計画を立てはじめましょう。

※各国政府や航空会社の発表をもとに、スタッフが「旅行を十分に楽しめる時期」を予想しています。各種規制の緩和を保証するものではありません。

台湾旅行のながれ

予約前

ほとんどの海外旅行においてワクチン接種証明書の提示が義務付けられているため、これからの海外旅行にワクチン接種は必要不可欠と言えるでしょう。以下のサイトにて、お近くの医療機関・接種会場と予約状況が確認できます。
厚生労働省コロナワクチンナビ:https://v-sys.mhlw.go.jp/search

予約後〜出発7日前

日本帰国時に3回接種済みの新型コロナウィルスワクチン接種証明書を提示することで、帰国前の陰性証明書の取得が不要となります。
10月13日以降、入国後は原則としてバス・トイレが独立し1名/1室が確保できる自宅・親族/友人宅、またはホテルで7日間の自主防疫が必要です。条件をクリアできる防疫施設を事前に手配しましょう。
オンラインフォームから事前に入国カードを提出することで、当日はスムーズに手続きをすすめることができます。オンライン提出をされない場合、台湾行きの機内で配布される「台湾入国カード(入境登記表)」を記入する必要があります。
オンラインフォーム:https://niaspeedy.immigration.gov.tw/webacard/

出発7日前〜出発当日

台湾現地において、以下のサイトを参考に、厚生労働省が指定する陰性証明書を発行可能な医療機関をご予約ください。医療機関によっては日本語での予約・受診も可能です。
医療機関リスト:https://www.koryu.or.jp/news/?itemid=2279&dispmid=5287
※ワクチン3回接種者は不要です
日本に入国する前に、Web上でファストトラックの登録・入国審査・税関申告を登録しておくことで、帰国時の手続きがスムーズになります。以下のURLより登録を行ってください。※乳幼児など、ひとりで手続きができない子供は保護者による同行者登録が可能です
Visit Japan Web:https://www.vjw.digital.go.jp

現地到着〜現地出国前日

事前に手配した自主防疫施設で、7日間の健康管理を実施しましょう。期間中の詳細は以下よりご確認ください。https://www.koryu.or.jp/news/?itemid=3067&dispmid=5287nikan
ご予約の医療機関PCR検査を受診し、以下のサイトを参考に厚生労働省が指定する陰性証明書を取得しましょう。
日本入国時、未就学児(6歳未満)は陰性証明書を提示する必要はありません。ただし、陰性証明書を所持する保護者とともに入国する必要があります。
検査証明書の提出について:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html
※ワクチン3回接種者は不要です
2022年6月1日に緩和された日本の水際対策により、台湾からの帰国者は空港での検査および入国後の自宅等待機は不要です。
こころからロゴ

こころから で予約すると

充実のサポートで
あんしんの海外旅行

旅行先にあわせて、必要な準備・手続きを予約後すぐにご案内します。準備をはじめるタイミングや、申請書類の入手方法など、必要な情報をわかりやすく整理してお届け。準備・手続きの内容に変更があった時にはすぐに対応方法をお伝えするので、『こころから』からの連絡を待つだけでOKです。
旅行先で守るべきコロナ対策ルールや現地の主要観光施設・レストランの営業情報など、最新情報をまとめてお届けします。
PCR検査の予約や受診、必要書類の提出・確認など、コロナ時代において新たに必要となる英語でのコミュニケーションを無料でサポート。 *英会話レッスンサービス『フラミンゴ』様とのコラボ教材プレゼント
基本プランでご提供するサポート内容をすべてご利用いただけます。
ご用意いただいた準備・手続きを、専門スタッフが確認します。必要書類のコピーを、メールやチャットでお送りください。公開されている政府の方針と照らし合わせて、不足や漏れがないか一件一件チェック。準備・手続きを最大限サポートします。
帰国時に必要な陰性証明書を取得できる、現地医療機関をご案内します。滞在先からのアクセスや日本語対応の有無を考慮し、手続きがスムーズに行えるようサポートします。
書類の書き方や観光の注意点など、旅行前に気になることをご連絡ください。専門スタッフがメールやチャット、ビデオ通話を通じてサポートします。
あんしんプランでご提供するサポート内容をすべてご利用いただけます。
ESTAやETAといった電子渡航許可の事前申請を代行します(申請にかかる実費は別途ご負担いただきます)。
日本および現地で受診いただく医療機関の予約を代行します。各政府指定のフォーマットに沿った陰性証明書を入手できるため、入国・出国時の手続きがよりスムーズなものとなります(お客様のご都合によっては、最適な医療機関が予約ができない可能性がございます)。
日本帰国時に自主隔離・待機が必要な場合、空港からの移動手段と待機施設の手配を代行します(手配によって発生した実費は別途ご負担いただきます)。
「あんしんサポート」をチェック

最近の台湾の様子

よくある質問

直近の日本政府および台湾政府、各航空会社の対応を考慮した上での担当スタッフのおすすめ時期は「秋ごろから」となっております。

台湾に入国するには、以下の書類と手続きが必要です。
・台湾入国カードのオンライン提出

日本帰国時には以下の書類と手続きが必要です。
・出国72時間以内に発行された陰性証明書もしくは3回接種済みのワクチン接種証明書
・Visit Japan Webの登録
ワクチン接種の有無によらず、帰国時の検査や自宅等待機は不要です。書類の具体的な取得方法や隔離の条件についてはページ下部をご覧ください。