こころから

山形|山形・上山・蔵王温泉

蔵王連峰のシンボル「御釜」の絶景と、温泉にこころ癒やされる旅

  • 四季折々に表情を変える、御釜の絶景を堪能
  • とろっと柔らかい、餅スイーツを味わう
  • 温泉の神様が鎮座する、山奥の神社に訪れる

おすすめモデルコース

おすすめスポットを厳選して、1泊2日のモデルコースにまとめました。

1日目

10:00

旅の始まりは、山形空港から

空港に到着したら、シャトルバスを利用し山形駅まで移動しましょう。

11:00

山形のソウルフード「どんどん焼き」を味わう

山形のソウルフード「どんどん焼き」を味わえる名店。お好み焼きを箸で巻いたような見た目で、こってりとした濃厚ソースがかかった絶品グルメです。元々はもんじゃ焼きから派生したもので、売る際に太鼓を「どんどん」鳴らしたことから名前の由来に。王道のソース味からピザやカレー味などの変わり種まで、種類豊富なメニューを楽しめます。17:00以降は居酒屋として営業しており、地酒や晩酌とセットで味わえます。

12:00

洋と和を融合した、レトロな郷土館に訪れる

100年の歴史をもつ「山形市郷土館」。元々は、県庁舎と県会議事堂として利用されていた建物で、現在は山形の歴史と文化についての資料を展示しています。レトロなレンガ造りの外装や、館内の豪華な内装を楽しむことができます。欧米の建築を模した建物なので、洋と和が融合した珍しい建築様式が見どころです。

13:30

山形の歴史が詰まった公園で、のんびりお散歩を満喫

廃城になった山形城の跡地にある「霞城(かじょう)公園」。広い敷地の園内には、二ノ丸の堀や土塁、石垣などの城跡が残っています。江戸城に勝るとも劣らない「二ノ丸東大手門」は、重厚な佇まいで凛とした雰囲気に包まれています。樹齢600年を超える約1,500本の桜が植えられており、有名なお花見スポットとして有名。

15:00

餅専門店がつくる、絶品スイーツを堪能

昭和8年に創業した、餅の専門店です。山形の豊かな風土が育んだ、良質の餅米を使った和スイーツを楽しめます。しっとりもちもち食感のつきたて餅を、あんこやずんだ、納豆にからめて味わえるセットメニューが魅力。ラム酒が効いた「大人のカフェオレ氷」や、たっぷり練乳がかかった「苺ミルク氷」など、子どもから大人まで楽しめるスイーツも人気です。

16:00

ノスタルジックな雰囲気の「水の町屋」でお土産えらび

蔵王の城下町・七日町を流れる、御殿堰(ごてんぜき)という水路を活かした商業施設です。和モダンな雰囲気に包まれた長屋風の建物に、和雑貨店や蕎麦店、カフェなどが入っています。ゆっくりお散歩をしながら、お土産えらびを楽しみましょう。

17:30

チェックイン

畳敷きの館内で、ゆったりとくつろげる『蔵王温泉 おおみや旅館』をセレクト!

19:00

山の幸を贅沢に盛り込んだ創作会席料理

山形牛など地元食材を使った、絶品料理を味わえます。宿オリジナルの地酒を交わしながら、ゆっくり食事を満喫。

21:00

湯ノ花が舞う露天風呂を満喫

源泉掛け流しの露天風呂を堪能。硫黄の香りが漂う天然温泉にじっくり浸かって、旅の疲れを癒やしましょう。

2日目

7:00

やさしい味わいの和定食

朝食は、庄内産の焼豚や温野菜、山菜の小鉢などやさしい味わいの和定食を楽しめます。山形のブランド米「つや姫」は絶品です。

10:00

チェックアウト

身軽に御釜の散策を楽しむために、重い荷物は宿のフロントに預けるのがおすすめです。

10:30

移動:宿〜御釜

タクシーを利用し、約1時間で移動できます。

11:30

四季折々に表情を変える、火口湖の絶景に出会う

火山噴火によってできた、蔵王連峰にある火口湖の「御釜」。お釜のような形にみえることから、その名がつけられました。湖水は、太陽の光によって色を変えることから「五色沼」とも呼ばれています。神秘的な雰囲気に包まれた、御釜の絶景を楽しめる展望台が魅力◎

13:30

揚げたてサクサクの、名物「釜カツ丼」を味わう

蔵王連峰の山頂にあるレストハウス。施設内の1階には休憩所と売店があり、御釜マスコットがかわいらしい限定アイテムを購入できます。2階のレストランでは、蔵王のお釜をイメージした名物の「釜カツ丼定食」を堪能。石釜の中に分厚いカツが豪快に入っており、揚げたてのサクサク食感を楽しめます。

15:00

移動:蔵王山頂レストハウス〜宿

タクシーを利用し、約1時間で移動できます。宿で荷物をピックアップしたら、「蔵王温泉 大露天風呂」まで歩いて向かいましょう。

16:00

立ち寄り露天風呂で、散策の疲れを癒やす

川の流れと野鳥のさえずりに癒やされる「大露天風呂」では、源泉かけ流しの湯をじっくり堪能できます。青みがかった濁り湯が特徴で、独特な硫黄の香りが漂います。手つかずの自然に囲まれた立地なので、運が良ければ野生のカモシカに出会えることも。

17:00

「温泉の神」を祀る神社を参拝

蔵王温泉の高台にある「酢川温泉神社」。酢川温泉神社・蔵王山神社・瀧山神社の三宮を一社として祀られています。鳥居まで続く長い石段には、川柳が書かれた灯篭が置かれており、1つ1つゆっくり読みながら登っていくのがおすすめ。中には、思わず吹き出してしまうようなユニークな内容もあり、ほっこり癒やされます。参拝したあとは、眼下に広がる温泉街の景色を楽しみましょう。

18:30

お疲れさまでした!

お土産には、蔵王温泉の伝統的なお菓子「稲花餅(いがもち)」がおすすめ。蔵王の山から採ってきた笹の葉の上に、蒸したお餅がのった和スイーツを楽しめます。

この旅行におすすめの宿

値段はもちろん、食事、客室、お風呂など、さまざまなポイントを加味して選んだ、とっておきの厳選宿です。

居心地の良さにこだわるなら

蔵王温泉 おおみや旅館

ノスタルジック雰囲気の老舗旅館

2名1泊の最安料金:27,731
写真をもっとみる
  • リラックスして過ごせる畳敷きの館内
  • 地産地消にこだわった創作会席料理
  • 源泉掛け流しの天然温泉を堪能

お風呂には、足触りのよい木造りの床が敷いてあります。木の香りに癒やされながら、ゆっくり温泉を堪能できるおすすめの宿です。

食事にこだわるなら

深山荘 高見屋

ゆったりとした時間を過ごせる、レトロな大人の湯宿

2名1泊の最安料金:46,536
写真をもっとみる
  • 自家源泉を満喫できる9種類の湯船
  • 蔵王牛を味わえる、季節の和会席膳
  • 木の温もりを感じるレトロな客室

夕食の「深山会席膳」は、山の幸を中心とした献立で、季節の食材を存分に堪能できます。食事を楽しみたい方に、ぴったりな宿!

眺望にこだわるなら

蔵王温泉 蔵王四季のホテル

蔵王の四季を感じる、絶景温泉宿

2名1泊の最安料金:12,941
写真をもっとみる
  • 深い味わいの山形牛を使用した絶品料理
  • 四季折々の景色を一望できる客室
  • 蔵王の絶景を楽しめる「離れ湯 百八歩」

露天風呂からは、風光明媚な蔵王の絶景を楽しめます!野鳥の声や木々のざわめきに耳を傾けながら、時を忘れて温泉を堪能しましょう。

この旅行プランを共有する