こころから

北海道|札幌・小樽

新千歳空港からはじめる札幌・小樽で食い倒れる旅

  • [1日目]新千歳空港で立ち食い寿司
  • [1日目]札幌でスープカレー
  • [2日目]小樽で海鮮丼、札幌でビールとジンギスカン

おすすめモデルコース

おすすめの観光スポットと宿を厳選して、1泊2日のモデルコースにまとめました。

1日目

11:00

穴場の立ち食い寿司で腹ごしらえ

新千歳空港の国内線ターミナルビル2Fにある「札幌市中央卸売水産仲卸札幌シーフーズ」というお土産屋さんの一角に出店している、立ち食いスタイルのお寿司屋さん。新千歳空港の公式サイトではレストランとして紹介されていない知る人ぞ知るお店で、北海道の旬なネタを堪能することができます。

13:00

札幌市街を散歩しながらお腹を空かせる

札幌市のランドマークとして有名なスポット。展望台からは札幌市街を一望することができます。春〜夏の時期にはテレビ塔の足元でビアガーデンが開催されているので、そこでサッポロビールを飲みながらジンギスカンを食べるのもおすすめです。

14:00

札幌といえばスープカレー!北海道を味わう

札幌駅から徒歩2〜3分の距離にあるスープカレー屋さん。『奥芝商店』はスープカレー界に「海老スープ」ブームを巻き起こしたと言われているお店で、海老ベースのスープはもちろんのこと鶏ベースのスープなど他のメニューも絶品ばかり。産地直送のこだわり野菜・肉がゴロゴロと入っていてボリューム抜群!スープカレーを通じて北海道を味わうことができます。

17:00

小樽運河沿いを散歩しながらお腹を空かせる

小樽市のランドマークとして有名なスポット。運河沿いには石造りの倉庫や歴史的な建物が立ち並んでいるほか、夜になるとガス灯に照らされて雰囲気バツグンの景色を楽しむことができます。また南小樽駅の方面へと歩いていくとお店やお食事処が集まっているエリアがあるので、がっつりと観光・お買い物をしたい場合は足をのばしてみてくださいね。もしお腹に余裕があれば、運河沿いにある「ナチュラルハニー(NATURAL HONEY)」というお店のエディブルフラワーと生蜂蜜が盛られている「花蜜ソフト」が見た目良し、味良しでおすすめです!

19:00

チェックイン

ホテルから見える夜景を重視して、「運河の宿 おたる ふる川」をセレクト!

2日目

10:00

チェックアウト

11:00

お土産を購入しながら海鮮丼ランチを食べる

小樽駅から徒歩1〜2分の距離にある海産物を中心に取り扱っている市場。観光目的の人だけでなく地元の人も通っているそうで、活気あふれる市場らしい市場です。北海道の新鮮な魚介のほかホッケやホタテなどの干物や乾物も取り扱っており、お土産に宅配するのがおすすめ。またお食事処もあり、見ごたえ食べごたえバッチリの海鮮丼でお腹と心を満たすことができます。

14:00

サッポロビールの歴史を体験しながらジンギスカンを食べる

札幌駅から車で10分程度の距離にあるスポット。サッポロビールの歴史を知ることができる博物館や、新鮮なジンギスカンを提供するレストランなどがあります。博物館では、明治時代から現在に至るまでのサッポロビールが歩んできた歴史を紹介するプレミアムツアーが開催されており、参加すると当時のビールを再現した「復刻ビール」を飲むことができます(※事前予約が必要/有料)。

17:00

飛行機の時間まで食べて過ごす

新千歳空港には、他にも北海道ならではの食べ物(メンチカツやアイスクリーム、ラーメンなど)がたくさんあるので、時間に余裕があればぜひ食べましょう。食後のデザートには、超甘口のアイスワインがおすすめです。

この旅行におすすめの宿

値段はもちろん、食事、客室、お風呂など、さまざまなポイントを加味して選んだ、とっておきの厳選宿です。

和食なら

運河の宿 おたる ふる川

小樽運河沿いにある「ハイカラ」な宿

  • 景色のために練られたレトロな雰囲気の客室
  • 木の温もりあふれる蒸風呂など各温浴施設
  • 雲丹など旬の一品料理で北海道らしさを

小樽運河の正面にある宿で、ノスタルジックな夜景が好きであればきっとお気に入りの宿になるハズです。

モーニングにこだわるなら

UNWIND HOTEL & BAR OTARU(アンワインド ホテル&バー おたる)

伝統と現代とが融合した世界観がユニークなホテル

2名1泊の最安料金:9,449
  • クラシックモダンな落ち着いた雰囲気のある客室
  • 余市産のワイン、ウィスキーを中心に提供する Lobby Bar
  • 英国アフタヌーンティー、ハイティーに着想を得たモーニング

リノベーションによって作り込まれた世界観は、まさに異世界のよう。

この旅行プランを共有する