北野天満宮 4.5

スポット情報

みんなの口コミ

  • 【国宝】「本殿」「石の間」「拝殿」「楽の間」を1棟として登録されている。 現在の建物は慶長十二年(1606)豊臣秀賴が造営したもので、拝殿と本殿を石の間で連絡した権現造になる。 拝殿の東西に楽の間を、本殿の西に脇殿を附属している。 内部石の間の構架は雄大な手法をあらわし屋根も変化に富んでいて、所謂八棟造の形式になる。 近世初期神社建築の代表的な遺構である。

    2013年09月20日

  • もみじ苑のライトアップは素晴らしいです!紅葉のボリューム、ゆっくりと散策できる広さ、人の少なさは穴場スポットと言えましょう。拝観料だけでお茶とお菓子が頂けるのも嬉しい。最新の色づき情報は苑内に茶店を出されている老松さんのブログでも確認できるようですよ。

    2012年11月30日

  • こちらで挙式を執り行いました。知識もなく不安でしたが、お伺いした際にもざっくばらんにご説明いただきました。当日も温かい雰囲気の中で式が進み、後由緒ある神社で結婚式を挙げるという、貴重な体験が出来ました。天神様は「誠」の神様ですが、それを体現した様な誠実で温かい神社さんだと感じました。

    2013年05月11日

  • 2月25日の梅花祭(ばいかさい)当日は上七軒の芸舞妓と女将が総出で奉仕する野点が開催されます。艶やかな芸舞妓たちが入れ替わり立ち替わり、流れるようにお茶を振る舞っていく様は万華鏡のよう。お抹茶とお菓子、撤饌のお土産と宝物殿の拝観券付きで1500円。

    2014年02月26日

  • “北野天満宮の天神市 「天神さん」と呼ばれ親しまれている市は、毎月25日に開かれる。参道や駐車場付近に、骨董やアンティーク着物、雑貨などの露店が並ぶ。雨天決行。”“7:00頃~17:00頃(参拝は21:00まで)” (ことりっぷ co-Trip「カメラさんぽ オリンパスPEN/OM-Dと行く 京都・沖縄・函館」)

    2013年03月04日

北野天満宮へのアクセス