伊勢神宮 外宮 (豊受大神宮) 4.7

基本情報

みんなの口コミ

  • 正式名称は豊受大神宮、一般的に外宮。祭神は豊受大御神。雄略天皇22年 (478年) 7月7日、丹波比治の真名井原から迎えられ祀ったという。古くは度会宮、豊受宮と称した。内宮の天照大御神の食事を司る御饌都神であり、衣食住・産業の守り神として崇敬される。皇大神宮 (内宮) と共に正宮を構成しており、両宮を参拝する際は外宮を参拝した後に内宮へ参るのがしきたりである。式内社 (大社)。

    2016年12月31日

  • 入り口の見張の人にパワースポットとか聞くと、強い調子で「そんなものは全部迷信。中のもの触るのも全部失礼!今テレビで芸能人がやってるのはなんの効果もないからやめなさい。まぁ信じるのは自由だけど。」と教えてくれました。

    2010年11月15日

  • 外宮から内宮へ回るのが順序ではあるが、外宮の方が人の入りが少ない。少ないことを生かしてゆっくりと見て回りたいところ。

    2015年01月03日

  • 伊勢神宮の御朱印帳は、シンプルだけど、美しいです。昔は内宮にしかなかったが、今は外宮でも手に入れることができます。

    2013年03月29日

  • 参拝時間は画像を貼ります。ちなみにパワースポットって完全に迷信。でも信じるのは自由です。

    2016年01月12日

伊勢神宮 外宮 (豊受大神宮)へのアクセス