こころから

岡山|大飛島・六島

「何もない島でのんびりと...」岡山は大飛島で過ごす、大人の夏休み旅

  • 瀬戸内海に浮かぶ「何もない」島をめぐる
  • あるのは感動的な夕日と穏やかな波音だけ
  • 島に1軒しかない隠れ宿に宿泊

おすすめモデルコース

おすすめスポットを厳選して、1泊2日のモデルコースにまとめました。

1日目

11:30

旅のはじまりは、笠岡駅から

岡山の南西部に位置する笠岡の町。沖合には大小31の島々からなる笠岡諸島があり、のんびりとした島の雰囲気を満喫できます。

12:00

地元名物「笠岡ラーメン」で腹ごしらえ

駅から歩いて10分ほどの場所にあるラーメン店。鶏ガラだしのあっさりとしたスープが特徴の「笠岡ラーメン」を楽しめます。トッピングには豚ではなく、かしわチャーシューと呼ばれる鶏肉を載せるのが一般的。笠岡市では朝食として食べられることも多く、山ちゃんは朝5時から営業しています。

13:00

笠岡港から離島「大飛鳥」へ出発

笠岡駅から徒歩5分、山ちゃんからは徒歩10分にある笠岡港。13:20発の船に乗り込みます。

14:00

1周4kmの小さな島に到着

笠岡港から40分ほどで到着する離島・大飛島(おおびしま)。かつて潮待ちなどで多くの船が立ち寄った島で、2~3月には300本余りの椿が見頃を迎えます。有名な観光スポットはありませんが、波音を聞きながら美しい夕日や朝日をじっくり眺められる、居心地のよい島です。

15:00

チェックイン

島唯一の宿!素敵なオーナーが営む『イルドール カフェ & ゲストハウス』に宿泊

16:00

チェックインが済んだら、島の散策へ

透き通った海に囲まれている大飛島。佐場ビーチはきれいな海を一人占めできる穴場スポットです。

17:00

恋人岬

島の南端にある絶好のビュースポット。「結の鐘」が設置されており、「男女だけでなくいろんな人との縁を結びつけたい」との願いがこめられているそうです。夕方には、きれいな夕日が見られます。

19:00

宿に戻り、オーナー手作りの夕食を堪能

夕食は瀬戸内の新鮮な魚介を、隣島の六島浜醸造所でつくられるビールと一緒に楽しめます。

この旅行におすすめの宿

値段はもちろん、食事、客室、お風呂など、さまざまなポイントを加味して選んだ、とっておきの厳選宿です。

小さな離島「大飛島」唯一のゲストハウス

イルドール カフェ & ゲストハウス

瀬戸内海に浮かぶ離島カフェ&ゲストハウス

2名1泊の最安料金:17,460
写真をもっとみる
  • わずか3室だけの隠れ家のような空間
  • 瀬戸内の新鮮魚介を中心とした食事
  • シュノーケルやSUPなどアクティビティも

ホスピタリティあふれるオーナーが営む宿です。美味しい食事ときれいな海を満喫できます。

この旅行プランを共有する

他のプランをみる
プランを共有