こころから

新潟|佐渡島

初夏にきらめく絶景を巡る、佐渡島まるごと満喫旅

  • 初夏の風物詩、水を張った棚田を眺める
  • 旬の本まぐろを贅沢に味わう
  • 一面に広がる黄色のじゅうたん

おすすめモデルコース

おすすめの観光スポットと宿を厳選して、1泊2日のモデルコースにまとめました。

1日目

11:00

両津港へ移動

新潟港から両津港へフェリーで移動します(約1時間)。両津港に着いたら、レンタカーを借りて出発!

11:30

新鮮なマグロをリーズナブルに味わう

鮮魚店「石原水産」直営のお寿司屋さんです。佐渡沖でとれた旬な魚を、その日のうちにさばいて新鮮なまま楽しむことができます。特に初夏は脂の乗ったクロマグロ(本マグロ)や濃厚な味わいの牡蠣がおすすめです。
14:00

棚田と海が織りなす絶景を楽しむ

江戸時代から受け継がれてきた棚田で、約460枚の田んぼが連なる光景は迫力満点。春から夏にかけては、水を張った田んぼが太陽の光に反射して、幻想的な風景を楽しむことができます。また展望台からの眺めも格別で、青い海とのコントラストは思わず息をのむほどの美しさです。
17:00

チェックイン

旬の食材を思う存分味わえる『湖畔の宿 吉田家』をセレクト!

18:00

佐渡の食材を心ゆくまで満喫

昔ながらの伝統料理「さどごはん」をはじめ、日本海でとれる新鮮な魚介類を会席料理で味わえます。追加料金で楽しめる「南蛮エビの食べ放題」も人気です。

20:00

湯船に浸かりながら、星空や山々を眺める

展望露天風呂からは、加茂湖と大佐渡山脈の雄大な景色を満喫。入浴後は、湯上り処で水分補給をしながらのんびりと。

2日目

10:00

チェックアウト

11:00

一面が黄色に染まる「トビシマカンゾウ」の花畑を散策

亀の形をした大きな一枚岩で、緑に覆われているのが特徴。佐渡ヶ島と山形の飛島にしか咲かないと言われる「トビシマカンゾウ」の群生地となっています。毎年5月〜6月頃には、約50万株100万本のトビシマカンゾウが咲き乱れ、圧巻の景色を楽しめます。
13:00

幻の和牛「佐渡牛」を贅沢に堪能

島内でも限られたお店でしか食べられない幻の和牛「佐渡牛」をサーロインステーキで楽しむことができます。柔らかな肉質の佐渡牛は、噛むとジューシーな脂が溢れだすのが特徴。佐渡産アワビのステーキやジャンボハンバーグステーキも人気です。
15:00

幸せを呼ぶ鳥「トキ」の魅力を間近で感じる

トキの森公園は、日本では一度絶滅したと言われる「トキ」に出会える貴重なスポットです。暖かくなる季節は、餌を探しに活発に動くので朱鷺色に透ける綺麗な翼を見ることができるかも。トキをモチーフにしたユニークなポストにも注目です。
16:30

おつかれさまでした!

お土産は、北雪酒造の日本酒や南蛮えび煎餅がおすすめです。佐渡汽船両津港ターミナルに売っているので船の待ち時間に買えます。

この旅行におすすめの宿

値段はもちろん、食事、客室、お風呂など、さまざまなポイントを加味して選んだ、とっておきの厳選宿です。

料理にこだわるなら

湖畔の宿 吉田家

佐渡沖でとれる海鮮が自慢の美食宿

2名1泊の最安料金:31,395
  • 旬の食材を味わえる会席料理
  • 海と街並みを望む展望露天風呂
  • 両津港から徒歩圏内の好立地

夏は貝類が旬!網焼きのサザエやアワビを満喫できます。

豊かな自然に囲まれて過ごすなら

ホテルファミリーオ佐渡相川

全室オーシャンビューの温泉ホテル

2名1泊の最安料金:12,991
  • 地産池消にこだわった「島ごはん」
  • 海風を感じる広々とした客室
  • バーベキュー場やテニスコートを完備

山と海に囲まれたホテルで、ゆったりとした時の流れを感じながら過ごせます。

リーズナブルに泊まるなら

たびのホテル佐渡〈佐渡島〉

佐渡島の中心にあるモダンなホテル

2名1泊の最安料金:11,465
  • 佐渡の食材をふんだんに使った朝食
  • ゆっくりと疲れを癒せる大浴場
  • シンプルで落ち着いた雰囲気の客室

大浴場を備えた快適空間とリーズナブルな価格帯が魅力です。

この旅行プランを共有する