こころから

宮城|大崎・鳴子・美里

秋の鳴子で、紅葉と温泉巡りを楽しむ旅

  • 渓谷を彩る、壮大なスケールの紅葉絶景
  • 豊富な源泉をもつ温泉郷を湯めぐり
  • 噴きでる温泉「間欠泉」を訪れる

おすすめモデルコース

おすすめスポットを厳選して、1泊2日のモデルコースにまとめました。

1日目

11:00

旅のはじまりは鳴子温泉駅から!

東北新幹線の古川駅から在来線で40分ほど。鳴子観光はバスで周るのがおすすめです。

11:30

熱々の源泉が噴きだす、迫力満点の「間欠泉」

上空に熱々の温泉が噴きだす、鬼首にある間欠泉。敷地内に2つあり、20分〜30分間隔で3mほど上がる「雲竜」と、10分ごとに15mほど上がる「弁天」があります。それぞれ噴出の時間が迫ってくると、わずかに地面が震え、湯けむりを上げながらザバザバと吹き出します。高々と上空に噴きだすその光景は、言葉で表せないほどの迫力!間欠泉のお湯で温泉卵を作れるので、是非体験してみてはいかがでしょう。

13:30

深い峡谷の崖を彩る、紅葉絶景を楽しむ

高さ約100mの断崖絶壁が2.5kmに渡って続く峡谷。例年10月中旬〜11月上旬にかけて、見事な紅葉におおわれます。岩肌の荒々しさと相まって、色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。遊歩道や鳴子峡レストハウスの見晴台からの眺めは、まさに息を呑むほどの絶景。紅葉シーズンにはライトアップが行われ、多くの人で賑わいます。

15:00

山里らしい素朴な味わいの「栗だんご」

創業180年、鳴子名物の「栗だんご」が味わえるお店です。栗だんごとは、栗の甘露煮をつきたてのお餅で包み、みたらし餡をたっぷりかけていただく絶品和スイーツ。やわらかいお餅と、熱々の甘じょっぱい醤油だれの相性が抜群です。鳴子温泉街には栗だんごを扱うお店がいくつも点在するので、温泉巡りと併せて栗だんごの食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょう。

16:30

秋しか見ることができない、紅葉色の湖面を眺める

潟沼(かたぬま)は、幻想的で自然豊かなカルデラ湖。夏までは青や緑だった湖面は、周囲が紅葉することによって、紅葉色の湖面へと変わります。ボートやSUP(スタンドアップパドルボート)を使用すれば湖に出れるので、また違った印象の景観が楽しめます。周辺には整備された遊歩道があるので、紅葉を眺めながらハイキングを楽しむのがおすすめ。

18:00

チェックイン

種類豊富な湯船で温泉を堪能できる『鳴子温泉 湯元吉祥』をセレクト!

20:00

温泉にじっくり浸かって、旅の疲れを癒やす

源泉かけ流しの温泉を、豊富な湯船でのんびり満喫しましょう。4つの無料貸切風呂では、四季折々の景色が楽しめます。

2日目

11:00

チェックアウト

11:30

鳴子温泉の起源ともいわれる、共同湯を堪能

鳴子温泉の御神湯として、1,000年の歴史を持つ公衆浴場。わずか150円で温泉を堪能できるということもあり、地域の人々から旅行者まで、たくさんの人に親しまれています。建物は、江戸時代の湯小屋を再現した木造建築。白濁したお湯と板張りの浴槽で、昔ながらの懐かしい雰囲気を感じられます。

13:30

色づいた紅葉を眺めながら、絶品「手打そば」を味わう

豊かな自然に囲まれた食事処で、紅葉を眺めながら食事を楽しめます。地元産「常陸秋そば」を石臼で挽き、湧水で打つ二八蕎麦。細切りでこしがあり、蕎麦の甘味と香りが味わえます。「岩魚天ぷらざる蕎麦」が人気メニューで、一匹まるごと揚げた肉厚の天ぷらが蕎麦との相性抜群!ポタージュのように濃厚な蕎麦湯も是非味わってみてください。

15:00

五感が呼び覚まされるミュージアムを訪れる

人の「感覚」をテーマにした不思議なミュージアム。感性と想像力を高めることで、現代人が忘れてしまいがちな「心のゆとりや豊かさ」を取り戻すことを目的に造られました。館内は、「身体感覚空間」と「瞑想空間」の2つのゾーンで構成されており、五感を使って楽しむ展示物がたくさん。鏡の世界を体感したり、光と水が作る波紋を見たり様々な感覚を味わうことができます。

17:00

おつかれさまでした!

お土産には、こけしの顔が描かれている「こけしマッチ」がおすすめ。ついつい愛着が湧いちゃう、ユニークなアイテムです。

この旅行におすすめの宿

値段はもちろん、食事、客室、お風呂など、さまざまなポイントを加味して選んだ、とっておきの厳選宿です。

多彩な湯船で温泉を堪能したいなら

鳴子温泉 湯元吉祥

豊富な泉質が自慢の湯宿

2名1泊の最安料金:44,022
写真をもっとみる
  • 白濁の湯にじっくり体を沈める
  • 地元の食材を活かした郷土料理
  • 温泉郷を眼下に望む客室

宿で湯めぐりを楽しみたい方におすすめです!

珍しい泉質の湯を堪能したいなら

鳴子温泉 ホテル亀屋

温泉ファンは必見!黒褐色の湯をもつ宿

2名1泊の最安料金:10,281
写真をもっとみる
  • 展望露天風呂から鳴子の自然を眺める
  • 自慢の庭園で紅葉が彩る
  • 季節の会席料理に舌鼓をうつ

温泉にこだわった宿選びをしたい方におすすめです!

非日常を味わいたいなら

鳴子温泉 鳴子風雅

ゆっくりくつろげる、大人のための隠れ宿

2名1泊の最安料金:17,325
写真をもっとみる
  • 全24室のみの、居心地が良い空間
  • スタイリッシュで優美な客室
  • 地産地消にこだわった、体に優しい朝食

日常では味わえないような、静寂な空間を満喫したい方におすすめです!

この旅行プランを共有する