国立新美術館

4.4

スポット情報

エリア 東京都 六本木・麻布・赤坂・青山 六本木・乃木坂・西麻布
カテゴリ 博物館・美術館 美術館
住所 東京都東京六本木7-22-2
ウェブサイト http://www.nact.jp/
電話番号 03-5777-8600
営業時間 月曜日: 10時00分~17時30分
火曜日: 定休日
水曜日: 10時00分~17時30分
木曜日: 10時00分~17時30分
金曜日: 10時00分~17時30分
土曜日: 10時00分~17時30分
日曜日: 10時00分~17時30分

みんなの口コミ

  • 黒川紀章の建築。レストランやカフェがあるコーンの中が厨房になっており、コーンと展示室をつなぐ橋の中にダクトが通っています。天井が高いため、ヒカリカベにしたり、床にエアコンの通気口を設置するなどの工夫がなされています。所蔵品はなく、企画展や公募展がメインです。

    2013年06月02日

  • 上野の歴史ある美術館群とは好対照のモダンなガラス張り建築は、あちらとはまた違った建物としての面白味がある。特に午後の西日のもたらす陰影はなかなかに見事。B1のミュージアムショップの品揃えはかなり分厚いので、センスが合う合わないは別としても是非とも足を運んでおきたい。

    2017年01月22日

  • 国立新美術館:黒川紀章(2006)。丹下健三に師事し、革新的な建築作品を多く残した黒川が設計した最後の美術館。波打つガラス壁は黒川独自の数学理論に基づいた設計で、壁越しに注ぎ込む自然光が、内部に幻想的な空間を生み出している

    2015年05月14日

  • 展示を見た後はポールボキューズに行くもよし、地下のカフェに行くもよし。広いので1日楽しめる。ミュージアムショップの販売品は一点ものも多いので、ショップながら展示を見ている気分になれる。

    2014年08月16日

  • ミュシャの展覧会があります。プラハ門外不出とまで言われたスラブ叙事詩が展示されます。このチャンスを逃したらプラハに行かなければ見れません 

    2017年02月04日

国立新美術館へのアクセス